ジスロマックはクラミジアや淋病などの性感染症に効果がある治療薬ですが、最近ではジスロマックが効かない耐性菌が登場しているそうです。ジスロマックが効かない感染症とは、どのような症状なのでしょうか。

性病薬一覧と生理中でもちゃんと効くジスロマック

性病というのは様々な種類があり、病気の種類に応じて治療薬を使い分ける必要があります。
感染している菌の種類によって効果のある薬というのは変わってきますから、それに合わせた治療薬を使わなければ意味がなくなってしまうのです。
薬の中には幅広い病気に対して効果のあるものもあるため、性病治療に使われやすい薬というのもあります。
まずあげられるのがクラビットでこの薬は、幅広い最近に効果があるものとなっているためクラミジアや淋病の治療に用いられることがあります。
逆にミノマイシンと呼ばれる以前は淋病やクラミジアの治療に使われていた薬が、耐性菌の登場によりきかなくなり使われなくなってきてしまったというものもあります。

ジスロマックも現在広く性病治療に使われる薬で、非常に優れた特性を持っているため多くの性病治療に使われるものとなっています。
ジスロマックは副作用が少ない薬であるため、生理の時でも安心して使用をすることができ、体に負担がかかることが少ないのが特徴です。
それだけでなくジスロマックは一度の飲みきりでその効果が一週間程度持続するものとなっているので、従来の抗生物質と違って毎日服用をする必要がありません。
毎日服用する必要が無いというのは、手間がかからないだけでなく飲み忘れを防ぐといった効果があるので、飲み忘れてしまったことによって治療が不完全になってしまうという心配がないのが利点となっています。
また、少し良くなってきたからといって途中で勝手に服用をやめてしまうということもありませんから、最後まで治療をすることができ耐性菌ができにくいといった利点があります。
このようにジスロマックは効果が高く、副作用が少なく生理中でも使いやすい抗生物質となっています。